森田剛さんといえば、以前、上戸彩さんと交際していたのが有名ですね。破局した原因やなれそめについて取り上げていきたいと思います。

今年の11月に森田さんの所属する「V6」は、デビュー20周年を迎えました。

大晦日の「紅白歌合戦」の出場も決まり、「V6復権」というカンジですね。

さて、森田剛さんと上戸彩の関係について、まずは触れていきましょう。

森田さんの元・恋人として有名なのが、上戸彩さん。EXILEグループのトップである2012年HIROさんと結婚されましたよね。まぁ、今は『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』に出演したことの方がHOTな話題になってますが。

 

森田剛と上戸彩のなれそめ、破局した原因は?

二人は、2001年放送の『嫁はミツボシ』というドラマで共演し、お互い年齢も近いし、幼少時から芸能活動をしていることもあって、意気投合し、交際に発展したようです。

2010年まで交際がずっと続いていたようですが、お互いの事務所が恋愛禁止のため、別れさせられたようです。

ジャニーズは、ご存知の通り、一線で活躍するタレントの恋愛・結婚は認めていません。そして、上戸さんの所属するオスカープロモーションも、「清純派」で売り込んでいたので、「はい、そうですか。」と認めるわけにはいかなかったのです。

 

二人が不倫!?

さて、二人のことを調べていると、『昼顔』さながらの「不倫」をしているのではないかという噂が出てきました。

上戸さんは、「芸能界に入らなかったら、短大に入って、保育士を目指してたと思う。」と言うくらい子供が大好きで、早くHIROさんとの子供が欲しいと願っていますが、事務所がそんな思いを無視(?)し、バンバン仕事を入れてくるので、HIROさんもそれを気遣っているので、なかなか子作りが出来ず、そんな不満を森田さんにぶつけていると言う話です。

でも、『昼顔』で不倫の末路を演じた上戸さんが、そんなことするとは思えないですが……。

まぁ、「噂」は噂なので、信じるかどうかは、その人次第ってことで。ちなみに、私は、バカバカしいので信じていません。

でも、オスカーさん、もうちょっと仕事セーブしてあげてください。「子はかすがい」です。

 

舞台での活躍について。

さて、最近舞台にひっぱりだこの森田剛さん!

森田さん個人としては、11月28日から新・国立劇場で『ブエノスアイレス・午前零時』と言う舞台に出演しています。

この舞台を演出しているのが、『世界の中心で、愛をさけぶ』や、『北の零年』などの映画を演出なさった、行定勲さんです。

森田さんは、他にも名だたる舞台監督から出演のオファーを受けています。

まず、蜷川幸雄さん。蜷川さんは、2010年1月の『血は立ったまま寝ている』という舞台をやるにあたって、森田さんのことを(森田さんの)先輩である東山紀之さんにリサーチをしたそうです。そうしたら、「アイツは良いです。すごくナイーブで、俳優としては抜群です。」と強く勧められたそうです。「『それじゃあ。』ということでオファーをしたら、思ったとおり、すごく良かった。」「ピュアで真面目で、芯がしっかりしていて、セリフや声のトーンもいい。」と大絶賛しています。

そして、それを見た宮本亜門さんが次回作である『金閣寺』(2011年1月)の出演をオファーしました。

宮本さんも、「森田くんのこの才能はすごい。僕は、絶対に世界に通用する才能だと思います。」と太鼓判を押しています。

森田さんは、この舞台のために坊主にしました。私の中で森田さんのイメージって「髪型にすごくこだわるタイプ」だったので、坊主にしたというのは、すごく驚きでした。

そして、その『金閣寺』を観に来ていた蜷川さんが、今度は直接森田さんに「次は俺だよ。」とオファーをし、『祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹』(2013年1月)という舞台に出演しました。

蜷川さんと、宮本さんの舞台に出演した経験を元に、2013年10月に劇団☆新幹線の『鉈切丸』に出演します。

演出家のいのうえひでのりさんは森田さんの舞台をずっと観ていたそうで、2008年1月の『IZO』の時から、今回の構想があり、『金閣寺』の時に「よし、コレならいける!」と確信し、森田さんにオファーをしたそうです。『金閣寺』の時からだと3年間が開きました。それほどひっぱりだこなんですね。

『鉈切丸』は、事務所から所属タレント全員に「いい芝居だから、勉強のために見に行きなさい。」と通達が出たと、同じメンバーの岡田准一さんがファンクラブ会報の中で言っています。そんな通達が出るのは、「ジャニーズ初」とも言っています。

「お芝居」と言うとどうしても岡田さんのほうに世間の目は行ってしまいがちですが、「演出家」というプロの目から見ると、森田さんも負けず劣らずの才能なんですね。